地域によって使われる方言はちがう

同じ日本であっても、その表現の方法やイントネーションがことなります。
地域特有の言い回しやいいかたが存在する場所もあります。
また、同じ県であっても少し離れるだけで、言葉遣いが異なる場合があります。
方言は地域によって差が出るものなので、都会に出るとその言葉遣いによって出身地を当てたりできるのです。
それだけ、地域によって個性があり、特徴があるのです。
九州の地域であれば、とを頻繁に使うのが特徴です。
しかし、現在ではテレビの影響や中央化志向によって、地域独特の表現をつかう若者は減少傾向にあります。
標準語に少し、独特な言い方を含んでいる人が多いのです。
団塊の世代ジ以上になると、地域性の強い言葉を使っている人もいます。
関東地方に位置する茨城でも独特な言い回しがあります。
特徴のあるものとして、あおなじみという言葉があります。
これは、青あざのことをさしています。
特に全国的にみてもなまりが強い地域で、代表的な言葉に茨城弁があります。